誰よりも先に特許出願し商品登録

日常生活において、家事に役立つ商品を思いついた時、もしかすると特許を取得できるかもしれません。ここで、「特許とは?」と思われた方のために、ご説明します。

誰よりも先に特許出願し商品登録

特許とは、「発明」に対して付与される権利であり、「発明」とは、「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」をいうと定義づけられています。簡単に言えば、産業の発達に役立つ新しいアイディアです。もし高度といえなければ、実用新案権という別の権利が与えられることになります。

特許が認められると、第三者はそのアイディアを無断で使用することができなくなります。そのアイディアを使用したい場合には、使用料(ライセンス料)を支払わなければなりません。ライセンス料は最長20年にわたって取得することができます。

20年を過ぎると、そのアイディアはパブリックドメインに置かれ、あらゆる人が利用できるようになります。もし許可なく第三者が使用した場合には、民法709条に基づき損害賠償の請求を行うことができます。

著作権法においては、請求者が過失を立証しなければなりませんが、特許法においては、103条によって過失が推定されているため、請求者が過失を立証する必要はありません。実施者に立証責任が転換されているのです。では、次に取得方法についてご説明します。

まず、自分の考えたアイディアが新しいものかを調査する必要があります。最近では、ネット上でも簡単に検索ができるようになりました。

まだ誰にも思いつかれていないアイディアであれば、次に「明細書」と「図面」を作成します。特許が与えられるためには、審査を通過しなければならず、これらの書類は審査を通過するために必要なのです。アイディアがどのように優れているのか、を説明し、権利を求める範囲等を記載します。

最後に、自分の住所等必要事項を「願書」に記入し、特許庁の出願窓口に申請します。郵送やパソコンによる出願も認められていますので、全国どこからでも出願することができます。このように特許は遠い世界の話ではありません。