お手伝いをしてくれる特許取得のスペシャリスト弁理士

特許を出願するのには、様々な書類を提出しなければなりません。もちろん素人でも提出することは可能ですが、特許を取りやすくお手伝いをしてくれるのが、弁理士の仕事になります。

この弁理士について説明すると、まず出願しようとしている物は、どのような目的のものか簡潔に記さなくてはなりません。この概要を書いたもの、そして詳細を書いたものを用意します。

出願に適した書類の書き方があり、この方法に則って書類を提出すると出願申請が通りやすくなるのです。弁理士は、主にこう言った書類作成の手助けをしてくれます。例えば、用途の説明には略図が必要となります。

この略図は通常、図にあらわして描くことが多く、出願する物品の略図、使い方を図で表すのです。またどこが出願のポイントになるのか、新規性や進歩性についても、まとめる必要があります。

また、過去に同じような物が出願され特許として認定されていないかこう言う面も見なくてはなりません。過去の出願については、インターネットが見られる環境であれば、どこででも見られます。

電子図書館と言って、特許庁が開設するホームページがあるので、ここで品物を指定する、時期を指定するなどして検索することが可能です。ここに類似の物が登録されていないことも出願を受理してもらう大きな条件となります。

弁理士に依頼すると検索等も同時に行ってくれるので、非常に便利です。また、自身で申請する時は、全国各地に知的財産活動を支援してくれる窓口があります。まずは、この窓口で相談してから、弁理士に依頼するか考えるのもひとつの方法です。

以前、特許の出願は、自分で書類を持って特許庁、もしくは全国各地にある特許庁管理の機関に行く必要がありました。しかし、現在は電子出願が基本となっており、書類さえきちんと整っていれば、自宅で出願することも可能となりました。