登録する期間により費用が異なる特許権

新しい発明をしてこれから特許を出願することを検討されている方に、申請の手順、費用・料金などについて紹介します。

そもそも特許とは、必要な手続きを踏むことで、国が発明した人に対して特許権を付与する行為です。取得することによってその権利を独占することができます。同じ製品を生産する為には権利者に使用料を支払わなくてはいけません。

特許となるものの対象はいくつかの条件があります。例として、法律上の発明であるか、産業として実施できるのかなど条件を満たすことができないと出願することはできません。

手続き方法についてですが、まずは先に他の方が同じ内容の申請をしているのか確認を行います。今ではサービスが充実していてインターネットで確認を行うことができます。検索後出願できると判断できた時は必要書類の作成と出願手続きを行います。

出願に関しての手続きが困難であるときには特許の手続きの専門家といわれる弁理士があなたに代わって代行してくれます。

続いて費用・料金についてです。出願する内容によって異なりますが、どんなものを申請しようとしても、申請の為の印紙代が一万五千円ほどかかります。電子化の推奨を行っている為書面で提出を行った場合には別途費用がかかります。さらに審査費用がかかります。書面や審査の費用に関しては、請求の項数によっても金額が異なってきます。

特許の登録は基本3年となっています。3年以上継続して権利を保有するには年数に応じた費用も掛かります。出願日から20年まで権利を有することができるようになっていますが、医薬品のみ5年延長した25年となっています。

申請が全て認可されると特許証が発行されます。これは特に効力を持つようなものではありませんが、国が発明の名誉を与える為に発行しているものです。

取得した特許が海外で適用されるかというと、それはありません。あくまでも日本の権利になりますので必要な方は海外でも申請を行う必要があります。